パートの主婦のキャッシング事情

仕事というのは、正社員で働いている人だけが働いていると認められるだけではなく、派遣社員やアルバイト、パートなども立派に働いていると認められます。キャッシングを利用する際も、働いていて安定した収入がある人が条件としていますので、この中に主婦でパートとして働いている人も含まれます。消費者金融の場合は総量規制があるため、そのパートで得た収入の3分の1までは借入が可能となっています。

自分の収入があるので、返済も旦那に内緒で返していきやすいですし、専業主婦では得られなかった信用が、パートを続けることによって得られることもあります。社会的な立場を高めるためには、専業主婦よりもパート主婦のほうがいいのでしょう。専業主婦としては悲しいところですが、やはり働いている、そして収入を得ているという部分は大きいですね。

パート主婦の場合は、旦那の収入証明書なども必要ありません。きちんと自分自身の収入証明書さえあえば問題ありませんので、家族にも内緒で借りられます。家計のピンチやお小遣いに、キャッシングを利用するパート主婦は多いと思います。

 

Comments are closed.